最高級の伝統手編みレース「ルーマニアンマクラメ」 〜by Amiina〜
息を呑むほど美しいヨーロッパのインテリアとファッションをお届けしています。

ルーマニアンマクラメHOMEへ


作り方がよくわかる世界初のDVD「ルーマニアン・マクラメの作り方のABCシリーズ」がございます。


ベースとなるコードを編みます。
[道具:かぎ針]

◆13センチ四方のコースターで約2メートル。
◆熟練した職人でもきっちり編むには1メートルに3,4時間。
◆コードには様々な種類があります。作品に応じたデザインのコードをたっぷりと時間をかけて作ります。
マクラメの編み方-図1



張りのある布にコードを置くためのデザインを描きます。
[道具:鉛筆]

◆デザインはもちろん、コードの配置も美しさの秘訣です。詰めすぎず開けすぎず。
◆バランス感覚をはぐくむには繰り返しの訓練が必要です。
◆また、各地域の特産物をデフォルメしたデザインが地域ごとに見られるのも伝統文化ならではの特徴です。(たとえば ぶどう、西洋おだまき、マーガレットなど)



ぶどうの付いた作品の場合、ぶどうの実と葉だけ別に作っておきます。
[道具:かぎ針]

◆ぶどうの実ひとつにも、キャリアが必要です。
◆一人前になるには5年かかるといわれています。
◆初心者は一粒に1時間かかることもあります。
◆糸だけでぶどうの立体感を表現するため細やかな注意が必要です。
マクラメの編み方-図2



Aの布にデザイン通りにコード、ぶどうの実や葉をおきます。しつけ糸ですべて細かく仮留めします。
[道具:ぬい針]

◆デザインが動かないようしっかり形をキープさせるために、しつけ糸はできるだけ細かくとめます。
◆最後の段階で取り忘れがないようにしつけ糸はとても目立つ派手な色を用います。
マクラメの編み方-図3
作品の大きさに応じます。



コードに囲まれた模様をあらゆるステッチで埋めていきます。
[道具:ぬい針]

◆Cの布をささないように針を浮かして編んでいきます。
◆編み方は無限です。
◆職人が「自分だけの技」をサイン代わりに入れることもあります。
◆およそ1センチ×5センチの葉に軽く2時間かけることも・・・手抜きはしません。
◆1本の糸に見えるようなつなぎの部分も糸を巻きつけています。
◆気が遠くなるほどの手仕事をの繰り返しです。
※この細やかで面倒な仕事のおかげで、洗濯をしても縮まない優れもののレースに仕上がります。
マクラメの編み方-図4 マクラメの編み方-図5



仕上げ仮留めの仕付け糸をはずして完成。
[道具:はさみ]

◆しつけ糸の留め方、ステッチの埋め方、要所要所の技術の差が、このとき明確になります。 マクラメの編み方-図6
完成

↑Anna 11/99 及び「ROMANIAN POINT LACE」参照

e-macrame.com/アミーナ
HOME| ルーマニアンマクラメの歴史と現代 | 巨匠ニクリナアルドィウ|アミーナの方針と活動記録 |
世界初のDVD「ルーマニアン・マクラメ作り方のABC | カギ針・縫い針・糸・図案|全国提携先ショップ | 法規に基づく表示 | お問い合わせ先
最新情報もお届けしています
管理人のブログ
〜Amiina(アミーナ)〜
(住所)〒810-0055 福岡市中央区黒門2-5ダイアパレス大濠公園101 TEL:092-517-4253
(E-Mail)info@e-macrame.com


Copyright (C) 2004-2008 Amiina. All Rights Reserved.